外資系企業 - Affiliate
スポンサードリンク

9.どんな面接するの?

外資系企業の面接ってどんな面接なの?

外資系企業ではどのような面接を実施するのでしょうか?
外資系企業の面接というと英語で実施したりするのかなあと想像してしまいますが。。

これまでの私の経験から申し上げますと、英語での面接はあったりなかったりです。

ただし、経験上一つ言えることとして、

まずは英語で自己紹介してください

と言ってくる日本人面接官がいましたらその面接官は英語できない人です。

つまりこういう形から入る面接って一番心配要らなかったりします。
その英語を聞いてる人自身、英語をあまり理解できない人である可能性が高いですから。

したがって、このような形で面接が進行された際は自信をもって自分なりの英語で自己紹介してみてください。

そのためにも英語での自己紹介は最低限できておかなければならない部分です。

このような英語での自己紹介をマスターするためには同じインタビュー(面接)音源を100回ぐらいきいて自分なりの自己紹介シナリオを作ってしまってください。
私の場合、いつでも英語自己紹介できるようにしています。100回以上?いや200回は同じ英語面接音源聴いてますのでどのように話を始めてどう展開していけばいいのか頭に染みついています。

これが本当の英語面接の現場

さきほどのなんちゃって英語面接よりもさらにレベルが高いのは、と言いますか、本物の英語面接は以下のようなものになります。

米国本社とビデオ会議でつないで面接するのでいついつに来てください

これは本格的です。

しかも本社の人間が直接評価を下したいポジションということなのでそれなりのポジションに就く人です。

ここで生きてくるのがあなたの留学経験だったりするのでしっかり度胸だけはつけて挑めるようにしておいてくださいね。

そして面接時、「いくらほしいんですか」とストレートに条件面質問が飛んでくることもありますので自分の希望年収ぐらいはすぐに頭から出せるようにしておいてください。

当サイトオススメ安心して無料転職相談が受けられる紹介会社

転職活動の結果はあなたの人生を大きく左右します。この転職活動には事前の準備はもちろんのことそれ以上にあなたと企業とのマッチングが重要です。
また一方では派遣・紹介会社の規模、転職コンサルタントそれぞれのスキルも大きく影響してきます。以下3つの派遣・紹介会社は、多くの実績を持ち、安心して転職相談が受けられる当サイトが自信を持って勧められるエージェントです。各エージェントの最新情報をご覧下さい。

スポンサードリンク

中国インテリジェンス(英創) 外資系・日系大手企業でキャリアアップ

中国インテリジェンス(英創)のサイトイメージ

【主要対応地域】上海、北京、天津、大連

外資系日系大手企業より求人多数。
中国(上海北京天津大連)でのキャリアアップをお考えなら、中国インテリジェンス(英創)がオススメ。

中国インテリジェンス(英創)の特徴
詳細はこちらから

JAC Recruitment 国内6拠点、世界6拠点とのグローバルネットワーク

JAC Recruitment のサイトイメージ

【主要対応地域】東京、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸

世界に6カ国(イギリス・シンガポール・中国・タイ・マレーシア・インドネシア)のネットワークによるグローバルな転職サポート。英語、外資系転職に強い人材紹介会社。

JAC Recruitmentの特徴
詳細はこちらから

パソナキャリア親身なキャリアカウンセリングと豊富な転職情報

パソナキャリアのサイトイメージ

【主要対応地域】東京

上場企業1,500社、5,000件にものぼる豊富な求人情報、質が高いと評判のキャリアカウンセリング技術を活かし、キャリアプランのご提示から実現までをサポート。

エージェントパソナの特徴
詳細はこちらから

当サイトご利用の注意

当サイトの情報は随時更新しておりますが、詳細については必ず各派遣・紹介会社にお問い合わせ下さい。
なお、当サイトの記述について、実際に起こった紛争等に関する一切の責任は負いません。予めご了承下さい。

ページの先頭へ