カバーレター-Cover Letter
スポンサードリンク

カバーレター作成時のルール2

個人的関心事に触れる

レジュメ(英文履歴書)を送付される側、例えば各部署の部長レベルが一日に受け取る郵便物の量、Eメールの量がどれぐらいあるか想像できますでしょうか。

少なくないことは確かですよね。

そんな採用決定権を持つレベルの人たちというのは、日々送付されてくる郵便物Eメールに対してすべて目を通すわけではありません。

一目パッと見て、「これは不要だ」、「これはあとでチェックしよう。」という具合にまずスキャニングを行うわけです。

つまり、あなたが送付したレジュメ(英文履歴書)カバーレターに対してもこの「スキャニング」が行われています。
当然のことながらレジュメ(英文履歴書)を送付しているのはあなただけではないわけですから。

第一印象はカバーレター

あなたが送付した書類のなかで最初に担当者の目に入ってくるのがレジュメ(英文履歴書)よりもカバーレターです。

Eメールレジュメ(英文履歴書)を送付する場合はそのメールの文面自体がカバーレターになります。

そのカバーレターですが、最初の書き出しの部分においては少し工夫が必要になります。
つまり少しでも先を読んでもらうための工夫が必要というわけです。

例えば以下のような感じで読む人の関心を少しでも引くことができたらいいスタート(書き出し)といえるのではないでしょうか。

“I understand that you have just received a new government contract for telecommunications relays.”

採用担当者である人物は、

「この候補者はうちの会社の現状を勉強してきているなあ。」
「我々が今対処しなければならない問題を把握しているなあ。」

と少しは感じてくれるはずです。

このようにカバーレター冒頭部分で採用担当者の関心を少しでも引くことができればレターの次の段落ぐらいまでは読んでもらえるわけです。

つまり、採用部署が現在携わっているプロジェクトや状況を察し、その話題に触れることによって採用担当者関心を引くことができます。

ではそのようなある意味内部情報的なものをどうやって入手することができるのかと思われる方も多いと思うのですが、独自にでもしっかり調査を行えばある程度の情報は入手できるはずです。(エージェントの担当者からでも会社の状況を伝え聞くことが可能でしょうし。)

こういった、少しでも調べれば入手できる情報で十分ですのでカバーレターを作成する際には是非とも触れてみてください。 あなたがレジュメ(英文履歴書)カバーレターを受け取る立場でしたらこのようなカバーレターを「不要」とは判断しないはずです。

>>カバーレター作成時のルール3へ

当サイトオススメ安心して無料転職相談が受けられる紹介会社

転職活動の結果はあなたの人生を大きく左右します。この転職活動には事前の準備はもちろんのことそれ以上にあなたと企業とのマッチングが重要です。
また一方では派遣・紹介会社の規模、転職コンサルタントそれぞれのスキルも大きく影響してきます。以下3つの派遣・紹介会社は、多くの実績を持ち、安心して転職相談が受けられる当サイトが自信を持って勧められるエージェントです。各エージェントの最新情報をご覧下さい。

スポンサードリンク

中国インテリジェンス(英創) 外資系・日系大手企業でキャリアアップ

中国インテリジェンス(英創)のサイトイメージ

【主要対応地域】上海、北京、天津、大連

外資系日系大手企業より求人多数。
中国(上海北京天津大連)でのキャリアアップをお考えなら、中国インテリジェンス(英創)がオススメ。

中国インテリジェンス(英創)の特徴
詳細はこちらから

JAC Recruitment 国内6拠点、世界6拠点とのグローバルネットワーク

JAC Recruitment のサイトイメージ

【主要対応地域】東京、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸

世界に6カ国(イギリス・シンガポール・中国・タイ・マレーシア・インドネシア)のネットワークによるグローバルな転職サポート。英語、外資系転職に強い人材紹介会社。

JAC Recruitmentの特徴
詳細はこちらから

パソナキャリア親身なキャリアカウンセリングと豊富な転職情報

パソナキャリアのサイトイメージ

【主要対応地域】東京

上場企業1,500社、5,000件にものぼる豊富な求人情報、質が高いと評判のキャリアカウンセリング技術を活かし、キャリアプランのご提示から実現までをサポート。

エージェントパソナの特徴
詳細はこちらから

当サイトご利用の注意

当サイトの情報は随時更新しておりますが、詳細については必ず各派遣・紹介会社にお問い合わせ下さい。
なお、当サイトの記述について、実際に起こった紛争等に関する一切の責任は負いません。予めご了承下さい。

ページの先頭へ