カバーレター-Cover Letter
スポンサードリンク

カバーレター5つのルール

採用担当者は、現場で必要としている知識経験をあなたが提供することができるかどうか見極めることになります。つまり「即戦力」としてあなたをカウントできるかどうかを判断するわけです。

しかしながら彼らは時に非常に忙しい中でかつ短時間で決断を迫られるため、最適な判断を下すことができないかもしれません。
また、レジュメ(英文履歴書)からの情報だけではあなたの能力を判断するのに不十分に感じるかもしれません。

つまり、レジュメ(英文履歴書)を作成してそれを採用企業側へ送付するだけでは不十分ということになります。

したがって、レジュメ(英文履歴書)を書き終えたら次は「カバーレター」の作成です。

カバーレターとは「手紙」である

カバーレターとは将来のあなたの上司に手紙を送るようなものです。

「なぜ、あなたがそのポジションにふさわしいのか。」
「なぜ、会社はあなたを雇う必要があるのか。」

など、採用する側の質問に答えるような内容でこのカバーレターを作成していきます。

カバーレターによって、あなたが今持ちうる能力をより詳細に伝えることができます。
そしてなによりカバーレターはあなたの面接への可能性を広げるものになります。今日の厳しい就職事情においてカバーレターはあなたの採用可能性を大きく広げる非常に大切なツールです。

ちなみに、最近ではレジュメ(英文履歴書)Eメールに添付して送ったりするため、そのレジュメ(英文履歴書)に付随して送るカバーレターは別途レターという形ではなくEメールの文面として使用されることが少なくありません。 むしろ、別途郵送にて送るという形のほうが稀になってきた感じがします。

したがって、採用企業側が郵送にてレジュメ(英文履歴書)の送付を求めてきた場合にのみカバーレターも郵送になると考えてください。

それではカバーレター作成時、これだけは守っておきたいというルールをこれから5つご紹介させていただきます。

>>カバーレター作成時のルール1へ

当サイトオススメ安心して無料転職相談が受けられる紹介会社

転職活動の結果はあなたの人生を大きく左右します。この転職活動には事前の準備はもちろんのことそれ以上にあなたと企業とのマッチングが重要です。
また一方では派遣・紹介会社の規模、転職コンサルタントそれぞれのスキルも大きく影響してきます。以下3つの派遣・紹介会社は、多くの実績を持ち、安心して転職相談が受けられる当サイトが自信を持って勧められるエージェントです。各エージェントの最新情報をご覧下さい。

スポンサードリンク

中国インテリジェンス(英創) 外資系・日系大手企業でキャリアアップ

中国インテリジェンス(英創)のサイトイメージ

【主要対応地域】上海、北京、天津、大連

外資系日系大手企業より求人多数。
中国(上海北京天津大連)でのキャリアアップをお考えなら、中国インテリジェンス(英創)がオススメ。

中国インテリジェンス(英創)の特徴
詳細はこちらから

JAC Recruitment 国内6拠点、世界6拠点とのグローバルネットワーク

JAC Recruitment のサイトイメージ

【主要対応地域】東京、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸

世界に6カ国(イギリス・シンガポール・中国・タイ・マレーシア・インドネシア)のネットワークによるグローバルな転職サポート。英語、外資系転職に強い人材紹介会社。

JAC Recruitmentの特徴
詳細はこちらから

パソナキャリア親身なキャリアカウンセリングと豊富な転職情報

パソナキャリアのサイトイメージ

【主要対応地域】東京

上場企業1,500社、5,000件にものぼる豊富な求人情報、質が高いと評判のキャリアカウンセリング技術を活かし、キャリアプランのご提示から実現までをサポート。

エージェントパソナの特徴
詳細はこちらから

当サイトご利用の注意

当サイトの情報は随時更新しておりますが、詳細については必ず各派遣・紹介会社にお問い合わせ下さい。
なお、当サイトの記述について、実際に起こった紛争等に関する一切の責任は負いません。予めご了承下さい。

ページの先頭へ